病院検索TOP > 病院検索 横浜・川崎・相模原・横須賀版 > 横浜南・西 > ご近所ドクターインタビュー

ご近所ドクターインタビュー

  • 田川内科医院(能見台)

  • 医学博士
  • 院長 田川 暁大 先生

  • 先生

  • 【たがわ・あきひろ】神奈川県出身。山形大学医学部卒後、横浜市立大学大学院医学研究科博士課程修了。神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器科、海老名総合病院糖尿病センターなどで専門医としての多くの経験を積み、平成28年開業。◆日本呼吸器学会専門医・指導医 ◆日本糖尿病学会専門医 ◆日本アレルギー学会専門医 ◆日本内科学会認定医・総合内科専門医
  • 田川内科医院(能見台)

  • 医学博士
  • 院長 田川 暁大 先生

  • 【たがわ・あきひろ】神奈川県出身。山形大学医学部卒後、横浜市立大学大学院医学研究科博士課程修了。神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器科、海老名総合病院糖尿病センターなどで専門医としての多くの経験を積み、平成28年開業。◆日本呼吸器学会専門医・指導医 ◆日本糖尿病学会専門医 ◆日本アレルギー学会専門医 ◆日本内科学会認定医・総合内科専門医

>特集ページ一覧

2017/08取材情報


 糖尿病および呼吸疾患の分野における専門知識を、地域の方々にお届けしたいとの思いから、昨年開業するにいたりました。この二つの領域に渡って専門医を取得している医師は、恐らく全国でも数少ないと思います。糖尿病と、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめとする呼吸器疾患の共通点は、残念ながら完治は難しいのですが、適切な治療を継続することにより、発作や合併症を予防して元気に過ごしていただくことは十分に可能なことです。患者さんの身近な場所でアドバイスや治療ができる、そんな場でありたいと考えています。
 生活習慣に関わりのある慢性疾患は、何よりも患者さんが主体的に治療に向き合うことが大切です。またご家族のご協力も必要になるので、患者さんが実行できることをご家族と一緒に考えながら進めています。患者さんのお考えもしっかり受け止めたうえで、これだけは守ってほしいということに関しては厳しく指導することもあります。どうしてそれを守っていただくことが重要なのか、リスクをしっかりご説明し、納得いただけるよう努力しています。大切なのは治療を中断しないことです。コミュニケーションをしっかりとり、患者さんと信頼関係を築くことを大事にしています。
 糖尿病患者は予備軍を含め、全国に2千万人を超えるとの試算があります。COPD患者の数も確実に増えているという状況の中、これまでの経験の中で培ってきた専門性を活かし、地域の皆さんの健康維持に努めていきたいと思っています。 


医院のページを見る