病院検索TOP > 病院検索 横浜・川崎・相模原・横須賀版 > 横浜南・西 > ご近所ドクターインタビュー

ご近所ドクターインタビュー

  • ささき矯正歯科クリニック(戸塚)

  • 鶴見大学歯学部 臨床教授
  • 院長 佐々木 光司 先生

  • 先生

  • 【ささき・こうじ】鶴見大学卒業。7年間の大学病院勤務の後、昭和62年開業。臨床経験6000症例以上の矯正治療エキスパート。戸塚歯科医師会では副会長を努め、また公衆衛生委員として虫歯や歯周病予防活動に長年従事している。◆日本矯正歯科学会 理事・認定医
  • ささき矯正歯科クリニック(戸塚)

  • 鶴見大学歯学部 臨床教授
  • 院長 佐々木 光司 先生

  • 【ささき・こうじ】鶴見大学卒業。7年間の大学病院勤務の後、昭和62年開業。臨床経験6000症例以上の矯正治療エキスパート。戸塚歯科医師会では副会長を努め、また公衆衛生委員として虫歯や歯周病予防活動に長年従事している。◆日本矯正歯科学会 理事・認定医

>特集ページ一覧

2017/08取材情報


 歯並びや咬み合わせが悪いと虫歯や歯周病になりやすく、咀嚼機能の低下を招き、ときには心理的な負担にもつながります。私自身が不正咬合に悩んでいたこともあり、矯正歯科医の道を選択しました。
 大学病院や一般の歯科医院からの紹介も多く、患者さんはお子さんや20~30代の方が中心。親子二代で来院される方や、中高年の方も増えています。歯並びがよくなるにつれ表情が明るく豊かになり、笑顔で通院するようになるのを見るのは本当に嬉しいです。
 矯正治療に対する要望や不安は一人ひとり異なるもの。ですからまずはよく話し合い、「患者さん本位の治療」を心がけています。本格的な治療が終わった後も観察を続け、長期にわたり理想的な咬み合わせや口元が維持できるよう力を尽くしています。
 開業して30年弱、6000症例以上の実績を持ち、日本矯正歯科学会認定医として学会でも積極的に症例を発表。大学病院では臨床教授として医局員の指導も行っています。戸塚歯科医師会では副会長を務め、また公衆衛生委員として虫歯や歯周病予防の事業活動や矯正相談に長年従事しています。今後も、地域の皆さんに信頼して頂ける医療を提供していきたいと思います。 


医院のページを見る