病院検索TOP > 病院検索 横浜・川崎・相模原・横須賀版 > 横浜南・西 > ご近所ドクターインタビュー

ご近所ドクターインタビュー

  • くろかわ矯正歯科(鶴ヶ峰)

  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 院長 黒川 真 先生

  • 先生

  • 【くろかわ・まこと】横浜市旭区鶴ケ峰出身、鶴見大学卒業。同大学矯正科および矯正専門歯科医院などで10年間経験を積み、平成29年に地元である鶴ヶ峰で開業。とくに舌側矯正、小児矯正において豊富な経験を持ち、矯正治療と咬合に関する講演・論文発表などもある。自身も子どもを持つことから、子どもとのコミュニケーションも得意とする。◆日本舌側矯正歯科学会所属
  • くろかわ矯正歯科(鶴ヶ峰)

  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 院長 黒川 真 先生

  • 【くろかわ・まこと】横浜市旭区鶴ケ峰出身、鶴見大学卒業。同大学矯正科および矯正専門歯科医院などで10年間経験を積み、平成29年に地元である鶴ヶ峰で開業。とくに舌側矯正、小児矯正において豊富な経験を持ち、矯正治療と咬合に関する講演・論文発表などもある。自身も子どもを持つことから、子どもとのコミュニケーションも得意とする。◆日本舌側矯正歯科学会所属

>特集ページ一覧

2017/08取材情報


 大学の矯正科や矯正専門医院で約10年間経験を積み、今年6月に開業。同じく歯科医師である父が「黒川歯科医院」として40年間診療を行ってきたこの場所で、私が引き継ぎ矯正専門医院としてリニューアルしました。
 歯列矯正治療を専門に選んだのは、患者さんの歯並びを治すだけでなく、性格まで明るくすることができるからです。実際、内向的だった方が矯正により社交的になって、口元を隠さず笑顔を見せられるようになったりするケースを多々見てきました。
 太陽を模したロゴマークには、明るく元気な医院にしたいという想いを込めています。歯科医院は「怖い」といったイメージを抱く方もいますが、矯正歯科は歯を削るわけではありません。きれいな歯並び、健康的な咬み合わせを実現するポジティブな場所として、笑顔で通院してい頂きたいと思っています。

高い専門性を駆使し
目立たない舌側矯正にも対応

 当院ではブラケットを使った矯正治療をはじめ、舌側矯正、小児矯正、マウスピース矯正など様々な方法に対応しています。
 一般的な治療法であるブラケットとは歯の表面に装着する矯正装置で、ワイヤーを通して歯を動かします。装置自体が白色の目立たないタイプもあります。 一方、マウスピース矯正は取り外し可能な透明マウスピースを装着することで歯並びを整える治療法です。取り外し可能なので楽ですが、適応症例が限られ、治療効果はブラケットに劣ります。マウスピース矯正を行う場合は、一部、ブラケットも併用することがあります。
 また、数ある矯正法のなかでも得意としているのが舌側矯正です。これはブラケットを歯の表側ではなく裏側に装着して矯正する方法です。装置が外側からは見えないため、装置に気付かれることなく治療を受けられます。口を開けた時に装置が見えるのが恥ずかしいなどが理由で、矯正治療をあきらめている方にはお勧めです。装置を歯の裏側に装着するため、治療としては高度な技術が必要ですが、当院ではどんな方でも舌側矯正で治療をすることが可能です。治療にかかる期間や精度も表側の装置とほとんど変わりません。

顎の発達を利用できる
効率の良い小児矯正治療

 小児矯正では、取り外し可能な装置によって顎の発達を促す床矯正など、様々なアプローチで不正咬合の予防や治療を行っています。永久歯に生え変わる前の第1期(6〜12歳)と、永久歯に生え変わってからの第2期(12歳以上)に分かれています。第1期は顎の成長を導く治療が主眼となり、第2期では成人と同様に歯並びを整えます。 第1期の治療によって、第2期治療を行う際に抜歯せずともよくなったり、第2期治療そのものを行わなくともよい状態にできたりするのが大きなメリットです。第1期のみで終われば費用も半額で済むので、なるべく早い相談をお勧めします。
 また、取り外しの装置をどうしても使用できないお子さんの場合、固定式の装置で対応するなど、お子さんの性格に合わせた治療コントロールも可能です。

トータルフィーで費用も安心
敷居の低い矯正専門医院に

 患者さん一人ひとりを丁寧に診療していくことを大切にしています。カウンセリングの段階で複数の治療プランを提示し、それぞれのメリット/デメリットも説明したうえで、ご自身に合った方法を選択して頂けます。
 また、当院では3〜4ヶ月に1度、口腔内写真を撮影しています。これは患者さんご自身に治療の進展を確認して頂くためのもので、これによって治療に対するモチベーションも維持できるようにと考えています。
 ちなみに治療費は最初に全額を提示するトータルフィー制度を採用しています。通常、多くの矯正歯科医院では、矯正装置料のほかに、毎月かかる処置料や経過観察料がかかってきますが、当院では診断時に、毎月の処置料込みのトータルした料金を提示。最初に決めた治療結果に辿り着くまでは何回受診しても、途中でプラスαの料金がかかりません。治療開始前に治療費がはっきりしているので、思ったより治療期間が長くなった場合でも、治療費が増えてしまうようなことはありません。
 目指しているのは敷居の低い、気軽に相談できる矯正専門歯科医院です。「話を聞いたら必ず治療しなくちゃいけない」なんてことはありません。初回カウンセリングは無料なので、遠慮なく気になることを質問して頂ければと思います。


医院のページを見る