株式会社ぱど

「マチコレ」第1回 自由が丘(東京都)

 

『情報誌ぱど』の「エリア編集長」が担当地域の知られざる街の魅力を紹介します。第1回は「自由が丘」です。

こんにちは!ぱど編集部です。

地域ごとのイベント情報やお店情報が載っているのが『ぱど』ですが、実は『情報誌ぱど』に掲載する街の情報を集めるため、日々、担当地域を回っている人たちがいます。その名も「エリア編集長」。このコーナーでは、エリア編集長が担当地域の「今」を切り取り、知られざる街の魅力を紹介します。第1回は、自由が丘です。

 

担当しているエリア編集長は、佐藤泰陽さんと関口あゆさん。

自由が丘といえば、おしゃれなお店やパティスリーがたくさんある、マダムの街というイメージですよね。

 

佐藤エリア編集長(写真左)

「私は今から約10年前、この街に来る前は東京の下町を担当していました。自由が丘はお店のオーナーさんもおしゃれな方が多くて、『自分で大丈夫なのか?』と不安で(涙)。お客様とお話する前からかなり緊張しました」

 

関口エリア編集長(写真右)

「私は今年の4月に入社して、自由が丘の担当になりました。最初は道を覚えられなくて。しばらく迷ってばかりでした」

 

駅前広場は普段から馴染みのあるお店もたくさんありますが、少し奥にはいると小さな路地や個人経営のお店も多く、散歩していると自分がどこにいるのか分からなくなることもしばしば。迷いながら素敵なお店に出会うこともあり、そこが魅力でもあります。

 

…さて、エリア編集長が紹介したい、自由が丘のトピックスは何でしょうか?

 

佐藤エリア編集長

「自由が丘は、大人の街のイメージが強いと思いますが、最近は子連れで来る人も多く、子どもと一緒に楽しめる街なんですよ。『子連れの自由が丘は、どこに行けばいいか分からない』という人のために、子どもと一緒に楽しめるカフェを紹介します!」

▶次は「自由が丘の“子どもと一緒に楽しめるカフェ”」をご紹介

 

(1ページ/全5ページ)

ページの先頭へ戻る

応募単価、採用単価を劇的に下げる「ぱど求人」
街のクチコミ情報大募集!!
ぱどんな(ぱど配布スタッフ)採用情報
ぱどから!政治を!
これからは、ポスティングより「ぱど折込」

CONTACTお問い合わせ