株式会社ぱど

「マチコレ」第5回 茨城町(茨城県)

町のシンボル「涸沼(ひぬま)」で漁見学!

 

茨城町といえば!ここ涸沼(ひぬま)です。

 

 

 

かなり大きな湖ということにお気づきでしょうか? 涸沼は周囲約22キロメートル、面積9.35平方キロメール。約6000年前には海だったのですが、海水面の上昇により、川の土砂によってふさがれて今の形になりました。満潮時には川が逆流し海水が流れ込むため、海水と淡水が交じり合う汽水湖となっており、汽水域に生息する魚や貝などの漁場となっています。

 

 

今回、茨城町を体験しにやって来てくれたのは、さいたま市在住の関根さんファミリー(左から:亮さん、唯斗くん、愛梨ちゃん、真愛さん)。茨城町には初めて来たそうです。漁師さんとご挨拶をした後、早速船に乗り込みます。

 

 

「いってきま~す!」

穏やかな凪で、湖面が鏡のように澄んでキレイです。漁師さんが予め網を仕掛けていた場所を目指して進みます。

 

 

ここ涸沼は冬季にはたくさんの水鳥が飛来するとあって、あちこちに鳥が! 涸沼は、水鳥が生息する重要な湿地と動植物の保全などを目的とした「ラムサール条約」にも登録されています。

 

 

しばらくすると、ポイントに到着!網を手繰り寄せる漁師さんを静かに見守ります。

すると!!

 

 

かかりました~。全長40~50cm程もある大きなお魚です。

 

 

漁師さん「これはマルタという、涸沼ではよく獲れる魚だよ。白身で、お刺身やなめろうにして食べると美味しいよ~」

 

 

関根さんファミリー

「おお~。すごい!」

なかなか普段は見ることのない、珍しいお魚にみんな興味津々です。

 

 

その後、次々と水揚げされ、なかなかの大漁でした!

 


唯斗くん、「獲ったど~!」をやりました。全く怖がることなく、カッコイイね!

 

 

さぁ、次は「マイ箸づくり」をしますよ!

 

(2ページ/全4ページ)

ページの先頭へ戻る

応募単価、採用単価を劇的に下げる「ぱど求人」
これからは、ポスティングより「ぱど折込」
ぱどんな(ぱど配布スタッフ)採用情報
街のクチコミ情報大募集!!
パソコンの訪問サービス始めました
最新号の情報誌ぱど

CONTACTお問い合わせ