株式会社ぱど

VOICEお客様の声

地元密着だからこそ、既存のお客様と地元集客を大事に

美容室Amphi (アンフィー) 店長 三森健史様

掲載企業紹介

  • 美容室Amphi (アンフィー)について

    蓮沼駅徒歩30秒。普段忙しい主婦もゆっくりと過ごせる、白と茶色を基調にしたカフェ風の店内。施術スペースは白い仕切りで区切られ、半個室になっているので、隣のお客さんに気を遣う必要がなく「切っている様子を見られず落ち着く」と人気の美容室です。

    ナチュラル&フェミニンをコンセプトに、お客様の骨格・髪質・ダメージに合わせて本当に似合うスタイルを提案。髪は繰り返し施術するものだからこそ、1回きりではなく、何か月先何年先までを見据えて、薬剤などにも髪や頭皮、環境にもやさしいものをセレクトしています。

    お店のホームページ

Q.ぱどに興味を持ったキッカケはなんでしたか?

  • 手配りチラシが大変で、効果も薄かったことです

    以前のお店時代から利用していたので、もともとぱどのことは良く知っていました。ただ、2014年に独立し、蓮沼にOPENした当初、広告をかけての集客をする予定はありませんでした。

    その当時の店の宣伝は、ホームページと手配りチラシをやっていました。ただ業務の合間にチラシを配りに行くのは大変でした。それに私自身、チラシはまとめて捨ててしまうことも多く、「チラシは見てもらえていないのではないか」と思うようになりました。

    ちょうどそんな時に、ぱどからご案内を頂きました。最初は断っていたのですが、担当の方が熱心で、何度も通ってお店のことを考えてくれ、提案も色々もらうなかで、ぱどを使うことを決めました。

Q.ぱどを利用した理由を教えてください

  • 読者層、コンセプトがマッチしました

    チラシに効果が薄いように感じていたので、ぱどのように「色々な店舗や情報がまとめて載っているもの」の方が、店のことを知ってもらえるような気がしました。結果的に、お店の広告を見てもらえる機会が、手配りチラシより多そうだなと。

    それと、チラシはすぐに捨ててしまうことが多いですが、ぱどの場合は地域情報誌なので、意外と取っておく方が多いと思いました。以前の店舗では、ぱどとホットペッパービューティーを利用していましたが、今の店舗では使っているのは、ぱどだけです。

    この店のコンセプトが「地域密着」なので、そこがぱどとマッチしています。また、店のお客様に主婦層が多いのもマッチしていました。ホットペッパービューティーでのお客様は「学生から20代の方」が多いですが、この辺りは土地柄、40代前後の方が多いので。

    2014年にOPENした年の秋からぱどの利用を始め、5年間掲載を続けています。

Q.原稿での打ち出し方のポイントを教えてください

  • お店の特徴の刷り込みを狙っています

    載せられる枠・文字数が限られているので、色々なメニューをたくさん載せるより、お店のコンセプトが伝わる情報を載せるようにしています。マンツーマン接客やカウンセリングのことなどを入れることが多いです。

    ぱどには「価格帯が分かる基本メニュー」と「季節で推しているメニュー」を載せ、他のメニューはホームページを見て頂くようにしています。

    OPEN以来、定期的な掲載を続けていますが、地域の方へのお店の特徴の刷り込みを狙っているので、ほとんど原稿の内容は変えていません。季節で推すメニュー、例えば春・夏はスパ、秋冬はトリートメントなどに変えるくらいですね。

Q.ぱどを利用した効果はいかがでしたか?

  • またお店に来てもらうきっかけになっています

    ぱどの原稿を「新規の方をガツガツ呼ぶ」よりは「既存の方にもお店のことが伝わる」内容にしています。新規だけサービスしていると思われたくないので、新規の方向けに割引額の大きなクーポンを載せていません。

    実際、それで常連のお客様から「ぱど見ましたよ」「こんなメニューもあったんですね」と声をかけてもらうことが多いので、お客様がまたこの店に来るきっかけになっていると考えています。5年前から継続的に掲載しているので「ぱどを見ればAmphiの情報が載っている」とも思ってもらえているようです。ぱどでいらっしゃるお客様は30代後半から50代の方が多いので、客層ともマッチしています。

    初めて来る方は、店内の様子に驚くことが多いです。お店が2階にありますので、新規の見込み客に、店内の雰囲気をお伝えする看板としての効果も実感しています。

    OPENしてから5年経ちますが、初めてご来店いただく方からは「駅前なのに知らなかった」「あっ、ここだったの?」という方も多いので、地元への認知度アップはまだまだ必要だと考えていますね。

今回の媒体を知りたい まずは問い合わせしてみる

ページの先頭へ戻る

応募単価、採用単価を劇的に下げる「ぱど求人」
これからは、ポスティングより「ぱど折込」
ぱどんな(ぱど配布スタッフ)採用情報
街のクチコミ情報大募集!!
パソコンの訪問サービス始めました
最新号の情報誌ぱど

CONTACTお問い合わせ