株式会社ぱど

VOICEお客様の声

まだまだ地元でお店を知らない方はたくさんいる。だから広告を出し続けることが大切だと思います

Keisy(ケイシー)自由が丘 代表取締役社長 石毛美津江様(右)/専務取締役 石毛政浩様(左)

掲載企業紹介

  • Keisy(ケイシー)自由が丘について

    自由が丘の地で約20年、外反母趾に悩む女性のために、履きやすいだけでなくデザイン性の高いオシャレな靴を提供しつづけているKeisy自由が丘。外反母趾専用ながらも、さまざまなデザインの靴が揃うことから、全国にたくさんのリピーター客がいる人気店です。

    お店のホームページ

Q.ぱどに興味を持ったキッカケはなんでしたか?

  • 実は掲載料金を聞いて、一度あきらめたんですが…

    外反母趾専用の靴という特殊なお店なので、今もリピーターのお客様には数多くご利用いただいています。ただ、お店を長く続けるには、やはり新規のお客様も増やしていかなければなりません。何かしらの告知は必要だと常々感じていたので、ぱどに出す以前は別のフリーペーパーを10年以上使っていました。

    そんな中で、実は1年くらい前にぱどから案内をもらったことがあるのですが、その時は金額が見合わないと思ってお断りしたんです。ところが、掲載していたフリーペーパーがその後に突然廃刊になってしまい、さてどうしようと。

    当店はお客様の年代層が比較的高めなので、インターネットではなく、折込チラシやフリーペーパーなど紙で告知できるほうがいいだろうと思っていまして…。もう一度、ぱどが来ないかなー、新聞折込でも頼む?なんて話していたら、本当に偶然にも飛び込みで来ていただいたんです。

Q.ぱどを利用した理由を教えてください

  • 営業担当の方が、予算に合わせて細かく提案してくれました

    以前金額でお断りした話をしたら、営業担当の方が予算面も含めていろいろな提案をしてくれました。

    広告予算の相談はもちろん、誌面に載せるだけでなく、チラシをぱどに折り込むこともできる、高所得者の地域を選んでチラシを配布できるサービスもあると聞いて、うちがやりたいことに合うね、じゃ、やってみよう!と決めました。

    自宅にもぱどが届いていますが、いろいろな内容が載っていますし、色もカラフルで読みやすい。(専務の)奥さんの友達も「ぱど見てるよ!」と聞いていたのも決め手ですね。

Q.原稿での打ち出し方のポイントを教えてください

  • 外反母趾で、靴のオシャレをあきらめていた女性の目を惹くこと

    外反母趾の靴は、今では一般的なので、いかに他店と差別化するかを考えました。

    特におしゃれでデザイン性の高い靴がたくさん揃っていることが分かるように、写真を重視しました。毎号、広告をひとめ見て女性読者に関心を持ってもらえるように、季節に合わせたデザインの靴を撮影し掲載するようにしています。

    文章面では「一人ひとりの足に合わせて調整している」ことなど、外反母趾で悩むお客様一人ひとりに丁寧に対応していることを、簡潔に伝えられるようにまとめてもらいました。

Q.ぱどを利用した効果はいかがでしたか?

  • この靴が欲しい!と記事を切り取ってお客様が来店!

    掲載すると1日に2~3件は毎日問合せが入ります。

    記事を切り抜いて持ってきていただくお客様もいらっしゃいました。「ぱどを見てホームページを見たのだけど、ここに載っている靴はまだありますか?」と聞いてくるお客様も多いですよ。お店にいらしたお客様は、「こんなにオシャレで色んな靴が履けるのが嬉しい!」と喜んでいただいています。

    最近も「ぱどを見た」と隣駅の田園調布のお客様がいらしたんです。こんなに近い場所にあるのに、まだまだお店を知らない人は多いんだ、やっぱり告知をするのは大切だと実感しました。

    宣伝は毎回続けていかなければ意味が無いと思います。ずっと気になっていて、何回目かの掲載でいらっしゃるお客様もいますからね。商品の特性上、遠い地域からもいらしていただくお客様が多いので、今後はいろんな地域で、告知をしていきたいと考えています。

今回の媒体を知りたい まずは問い合わせしてみる

ページの先頭へ戻る

応募単価、採用単価を劇的に下げる「ぱど求人」
これからは、ポスティングより「ぱど折込」
ぱどんな(ぱど配布スタッフ)採用情報
街のクチコミ情報大募集!!
パソコンの訪問サービス始めました
最新号の情報誌ぱど

CONTACTお問い合わせ