株式会社ぱど

VOICEお客様の声

ぱどの折込は、パソコンを使わない方に届くので不可欠。MAPで地域や大体の金額を選べるのも便利

【パソコン教室】 ハロー!パソコン教室 イオンモール大和校

Q.ぱどの折込を利用したキッカケはなんでしたか?

  • 新聞がシニアと主婦に届いていないのを感じていた

    それまで新聞折込を使っていました。地域特性もありますが、ターゲットの1つである主婦層に届いていないのを感じていました。

    周りに聞いてみたら「新聞を取っていない」人が多く、その層にチラシを配りたいと考えて、ぱどの折込を使うことにしました。ぱどを知ったきっかけは「自宅に投函されていた」ことと「もともと前任者も利用していた」ことでした。

    他の折込の申込は「手書きとFAX」や「エクセルをメール」なので、ぱどのように「地図上で地域を選択して、大体の金額や部数を出せる」サービスは使いやすいです。あらかじめコストのイメージがつくのと、手書きのように間違いを気にせずに済みます。配布先と部数を照合しながら地域を選ぶのは本当に大変です。

    新聞折込は「どうしても急ぎで配布したい」「この時期で配布したい」という場合は利用しますが、ぱど折込の方が一枚あたりの単価が若干安く、何万枚も配布していると、だいぶコストに差が出ます。

Q.ぱどの折込を利用した効果はいかがでしたか?

  • 入会が5,6件、問い合わせはそれ以上ありました

    これまでで最も反響が良かったのは、ぱどさんに頼んで印刷した「子ども向けのプログラミング」のチラシ。入会が5、6件、問い合わせはそれ以上ありました。

    時期によっては「ウェブを見た」という方が多いときもありますが、教室のターゲットが「普段パソコンを使わない、ネットを見ない人」なので、そんな人に届くぱどの折込チラシは不可欠だと感じています。

Q.ぱどのチラシの配り方のポイントを教えてください

  • Googleマップを使い、生徒の多い地域に配布

    最近だと「子育てを終えて再就職を目指す主婦」の生徒が多いです。スキルがあると仕事を見つけやすいので「MOS」という資格が人気ですね。

    そんな生徒の住所をGoogleマップに取り込んで作った分布図を、配布先選びに使っています。いまの生徒さんをカバーできるような商圏をつくり、そこにぱどの配布エリアを掛け合わせています。オープンのときは広くチラシを配布しましたが、いまは生徒が多い地域に配るようにしています。

    (※画像は実際のマップとは異なります)

今回のサービスを知りたい まずは問い合わせしてみる

ページの先頭へ戻る

ぱどんな(ぱど配布スタッフ)採用情報
街のクチコミ情報大募集!!
最新号の情報誌ぱど

CONTACTお問い合わせ